top of page
  • shinyshiny0304

中高年を悩ませる老眼


老眼鏡

【老眼とは】 老眼、または「遠近調節障害」とも呼ばれる状態は、通常40歳以降から現れるもので、近くの物体を見る際に焦点を合わせる能力が低下することを特徴とします。

この状態は、眼の水晶体が柔軟性を失い、遠近の切り替えが難しくなるために起こります。老眼の主な症状には、文字や細かい作業をする際に目を細めること、近くの物体を遠くで見るときに手を伸ばすこと、目の疲れや頭痛が挙げられます。 【老眼の進行】 老眼は個人によって進行速度や症状が異なりますが、一般的には40歳以降から始まり、50代以降に進行が著しくなることが多いです。進行のペースは遺伝やライフスタイルにも影響されます。遺伝的な要因が強い場合、早い段階で老眼が進行することもあります。また、長時間の近くでの作業やデジタルデバイスの使用など、目を酷使する状況が進行を促進する要因となることもあります。

【老眼の対処法】 老眼は、通常の遠近調節機能の低下によって引き起こされるものであり、完全に治癒することは難しいですが、症状の軽減や緩和する方法はいくつか存在します。

  1. 眼鏡やコンタクトレンズの使用: 眼鏡やコンタクトレンズを使用することで、近くの物体を見る際の焦点を調節しやすくすることができます。専用の老眼鏡や読書用のメガネを使用することで、日常生活を快適に過ごすことができます。

  2. 近くの作業の工夫: 老眼の人は近くの作業をする際に目を酷使しやすいため、適切な照明を確保することが重要です。光が明るく均一に当たるように調整し、目の負担を軽減しましょう。また、休憩を取りながら作業することで、目の疲れを軽減することができます。

  3. 遠くを見る習慣: 日常的に遠くの景色や物体を見る習慣を持つことで、目の遠近調節能力を維持することができます。散歩をする際に遠くを見ることや、定期的なアウトドア活動を取り入れることで目の健康をサポートしましょう。

  4. 眼のトレーニング: 眼の筋肉を鍛えるための簡単なトレーニングも効果的です。例えば、遠くを見て数秒間視線を固定し、その後近くの物体を見るという動作を繰り返すことで、遠近調節能力を向上させることができます。

  5. 眼の周りをほぐす: 眼の周りの筋肉が緊張することで、眼血流量が低下し、眼疾患やピント調節機能の低下が起こる眼の健康も維持されます。

【まとめ】 老眼は年齢とともに進行する自然な現象であり、遠近調節能力の低下が主な症状です。しかし、適切な対処法や克服方法を知ることで、老眼による不便さを軽減し、快適な日常生活を送ることが可能です。眼鏡やコンタクトレンズの使用、適切な照明や近くの作業の工夫、遠くを見る習慣の確立、眼のトレーニング、健康的な生活習慣の維持などが、老眼を克服するための手段となります。 また、眼の健康は日常のケアをすることが重要です。早期に老眼の症状や他の眼の問題を発見し、専門家の指導を受けることで、より健康な目を維持できます。老眼は避けられない変化ですが、その進行を理解し、適切な対策を講じることで、人生をより明るく、快適に過ごしましょう。


老眼は、眼の水晶体の硬化や柔軟性の喪失によっておこるものであり、鍼で治療することは難しいかもしれませんが、鍼を眼の周りや身体に刺すことで、眼の周囲の筋肉や血流を改善し、緊張を緩和し、症状の軽減や、老眼の影響による眼の疲れや眼の不快感を軽減することは可能です。

当院でも老眼の方がたくさん来られますが、どの方もすごく眼が疲れており、治療後はとても眼がスッキリして帰られます。 兵庫や神戸で鍼灸院、鍼治療をお探しの方は是非当院で治療を受けてみてください。

当院での治療をご希望の方はこちらから予約が可能です👇


眼精疲労専門鍼灸サロン shiny

兵庫県神戸市中央区元町通4-4-8タイムスビル5F

LINEでの質問やお問い合わせは @255kaffxから可能です。

閲覧数:321回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page